投資上級者がFXを取り入れる理由とは?

投資上級者のテクニック

投資の必要性

投資家を初心者、中級者、上級者と、ランク付けして呼ぶことがあります。 投資先から得る利益の額の大小だったり、投資する先の選別スキルの差だったり、このカテゴライズをする指標の様なものは様々だと思います。 ただし、株式市場を例にとっても、投資初心者向けのマーケットが存在するわけではありません。

投資上級者のリスクヘッジ

投資は、資本を動かすだけで利益を得ることができる方法です。 商品を作ったり、労働したり、ということとは無縁の活動です。 投下する金額は大きければ大きな利益を生みますが、小額からでももちろん可能です。 しかし利益が大きければ、その分大きなリスクも伴います。

FXを取り入れるメリット

FXには、為替レートの「差」を利用することで利益を得ることができます。 そのため、マーケットが円安傾向であっても、円高傾向であっても、購入、売却のタイミングを間違えなければ利益を産むことができるのです。 でも、FXのメリットはそれだけではありません。

投資受給者の心構え

年金支給額が減少傾向にあることはなんとなく感じていても、給与水準も減少していることはご存じでしたか?
バブル崩壊後の1996年の平均給与は460万円だったのに対し、2020年には433万円と、前年比でも0.8%の減少となっています。
また、海外と比較しても2019年の平均年収は日本が3万8617ドルに対し、米国は6万5836ドル、ドイツは5万3638ドル、お隣の韓国でさえ4万2285ドルです。
収入が下がっているのに加え、銀行の預金金利は超低金利で推移しています。
金利が上がらないのは長期にわたり続いてきたデフレ(モノやサービスの値段が下がっていくこと)からインフレ(物価の上昇)体質に経済を変えていくための政府と日本銀行による金融緩和政策の影響だというのです。
確かに、デフレ状態で、物価が安い状態であれば、消費者は喜びますが、作っても安くしか売れないのでは、農家の方も、メーカーの方だっていくら働いても売り上げを伸ばすことが難しくなります。
売り上げが上がらなければ給料は増えず、家計は逼迫、というまさにデフレスパイラルです。
来るインフレによる価格上昇の中で暮らしていくためには、従来の様に貯金しておくだけでは買いたいものも変えない時代がやってきてしまうのです。
そのために、政府が行ったのが「NISA(少額投資非課税制度)」です。
自分の暮らしを豊かにするためには、自分で増やしてください、と言わんばかりの政策です。
人生100年時代に突入し、老後の生活費は個人で何とかしなければならない時代なんです。
その一つの方法が投資。
いままでやったこともない投資に、どの様に向き合えばよいのでしょうか。
ヒントは、投資の上級者の投資方法にあるかもしれません。