投資上級者のテクニック

>

投資の必要性

上級者と初級者の違いは?

将来価値が上がるものを見定めて資本を投下することで利益を得る、という投資で、上級者だから、初心者だから、と区別されたものはありません。
投資を行う上での作業は、公開されている情報を確認し、これから上がる要素があるのか、あるいは無いのかということを見定め、可能性のあるもの、株式や外貨へ投資するという単純な作業です。
この単純作業を毎日継続するということは、なかなか難しいものでもあります。
昼間に仕事を持っている人では、常に市場の動向や企業の状況を見ていることも難しく、慣れない人であれば飽きてしまい結局3日坊主、なんてこともあり得ます。
この単純作業を続けられる強い意志と粘り強さを持っているということが、初級者と上級者を分けるポイントでもあるのです。

根気よく続けるためのメンタル面とは

投資を始めたばかりの初心者の場合、多くの方は投資ノウハウ本を読んだり、ネットで検索したりと知識や情報を得る行動をしています。
しかし、実際に効果や利益を得るには1週間や2週間続けた程度では難しいものです。
なかなか結果が見えないと、単純で面倒な作業である投資の作業に嫌気がさしてしまいがちです。
それを乗り越えて、続ければきっと結果が出ると嫌々ながらも信じて続けているのが中級者。
では上級者はどうでしょう?
単純な作業を続けてきたことにより、自分のペースや、生活スタイルに合った作業時間帯などをつかんでいるため、投資自体に費やす時間が短縮され、他の事をする時間の余裕がもてる様になっています。
簡単で時間もかからない上に利益を既に得ているので、楽しみながら作業するようになります。
嫌々やるのと楽しみながらやるのには、処理の速度や精度が変わってきます。
メンタル的な部分でもクオリティに差が出てくるのです。


Share