投資上級者のテクニック

>

投資上級者のリスクヘッジ

外貨を使った投資のリスク

海外の企業には、日本では見られないようなダイナミックな事業展開をしている企業が多くあります。
株価の上昇による利益や、日本よりも金利が高い等のメリットから、投資のスキルが上がると、海外への投資の幅を広げる投資家も多いようです。
そこで注意したいのが、為替レートの変動です。
為替レートとは、国際市場で通貨が売買される時の交換比率の事です。
買いたい人が多ければ通貨の価値が上がり、交換比率が高くなります。
逆に、買いたい人が少なければ低くなります。
例えば、米国企業の株価がが上がったとしても、円の人気が高く円高傾向にある場合、為替差損が発生し折角の利益が目減りしてしまうことになります。
この様なリスクを軽減するため、投資上級者には、FXを取り入れている人が多いといいます。

FXでリスクヘッジ

FXがなぜリスクヘッジに作用するのか。
それは、FXが2つの通貨の「差」を利益に替えるという特徴があるからです。
例えば、米国株式で得た利益を円に替える時、円高になっていればドルの価値が下がっているため利益が目減りしてしまいます。
しかし、FXで安くなっているドルを購入し、円安に変化した時に売却する、という手段が取れるため、利益を補填することができます。
FXでは円が高くなった(円が強くなった)時にドルを買い、円が安くなった(ドルが強くなった)時に売る、という取引を繰り返すことでその差益を得ることができるためです。
通貨のレートは日々変動するものですから、思わぬ利益減少に出くわすこともあり得ます。
投資の上級者は、一つの投資で起きたリスクを補填できる様、リスクヘッジを講じているのです。


Share