投資上級者のテクニック

>

FXを取り入れるメリット

手元のお金の何倍も投資に使える?

FXがまるでギャンブルの様なイメージがあるのは、「レバレッジ」という設定があるからです。
個人投資家であれば、FX口座に入金している資金(証拠金)の、最大25倍までの金額分の通過売買が可能なのです。
例えば、4万円の証拠金で25倍のレバレッジを選択すれば、100万円分相当の取引が可能になるということです。
注意しなければならないのは、利益が上がった時のメリットも高いですが、値下がりした時の資産減少も激しいということです。
また、値下がりしたとしても、しばらく持っておきたいと考えたとしても、取引していた金額が、証拠金を下回るまで減少してしまった場合、強制的に全て売却されてりまう「ロスカット」というシステムがあるので、要注意です。
まさにハイリスクハイリターンの取引なのです。

金利差を利用して利益を生む

また、外貨を取り扱う場合、国によって金利に差があります。
特に日本は長い間低金利が続いていますので、FXで取引される諸外国の方が金利が高いことがほとんどです。
FXでは2国間の金利の差額を毎日受け取ることができるのです。
これは「スワップポイント」などと呼ばれています。
投資上級者は、FXで投資している間も、手元に残っている日本円を金利の高い国の通過に両替し、抜け目なく、このスワップポイントを受け取っています。
売買せずともチャリンチャリンと金利が入ってくるという仕組みです。
もちろんレバレッジを使えば、一日数銭の金利であっても、チリツモということです。
終始、為替レートは変わりますから、元本も変動するので注意が必要です。


Share